<   2008年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

4月29日の映画

『アワーミュージック』

ゴダールという監督の名前は聞いたことは
ありましたが初めて観ました。
正直なところあまり理解できていなそう。
内容からして面白いものではないのですが、
映像としては心には残るものがありました。
タランティーノとは正反対な感じです。
もっと大人になれば理解できるのでしょうか。(夫)
by southern-sea | 2008-04-30 20:25 | cinema

4月29日のおやつ

f0049129_21323794.jpg

・柏餅
BGM
G. Love 「Lemonade」

もうすぐ端午の節句ということで、
奥様が柏餅を作ってくれました。
と言っても柏の葉がなかったので、
正確にはラップにくるまれたラップ餅です。
葉の香りはありませんでしたが、
初めて作ったにしてはおいしくできておりました。
さらにこちらのおまけつき。

f0049129_21355068.jpg

なんだかカクテルのようにも見えますが、
いちごミルクです。先に紹介したジャムを使って
作ってくれました。これがまたおいしいこと。
こんなにおいしくてしかも大量のジャムがあると
太ってしまいそうで心配です。(夫)
by southern-sea | 2008-04-29 21:39 | etc.

4月29日のひるごはん

f0049129_21184553.jpg

・自家製酵母の和風パンプレート
 ○レーズン酵母のカンパーニュと食パン
 ○豚肉とからし菜の塩炒め
 ○蒸しキャベツのゴマだれ
 ○かぼちゃの煮物
・野菜スープ
BGM
Norah Jones 「Come Away With Me」

休日の昼食は簡単なうどんやそばが多いのですが、
本日はごちそうです。
代々木上原のルヴァンのパンプレートもこんな感じで
パンと和惣菜の盛り合わせでした。
注目は添えてある手作りいちごジャムです。
パン教室のお友達にたいへんおいしい手作りジャムを
いただき、刺激を受けて作ってみたそうです。
クラシカルなレシピを参考にしたとのことでやや甘めですが、
とてもおいしくできていました。(夫)
by southern-sea | 2008-04-29 21:29 | lunch

4月28日のばんごはん

f0049129_214013.jpg

・挽肉とじゃがいものカレー
・国産小麦のチャパティ
・白菜とからし菜のお浸し
BGM
Caetano Veloso 「Livro」

本日の主役はカレーではなくチャパティです。
インド北部で庶民に食べられている無発酵パンで、
重曹やベーキングパウダーも入っていません。
材料は小麦粉、全粒粉、塩、水、バター少々。
ということは奥様も食べられます。
捏ねて伸ばした生地をフライパンで焼色がつくまで
焼き、更に網に移して焼くとぷーっと膨らみます。
そうしたら完成です。やはりカレーに良く合いました。(夫)
by southern-sea | 2008-04-28 21:21 | dinner

4月27日のばんごはん

f0049129_16592914.jpg

・飛び魚の米粉ソテー ルッコラ添え
・かぼちゃの煮物
・キムチ
・白菜のスープ
・アマランサスご飯
BGM
Sublime 「40 Oz. To Freedom」

生まれて初めて飛び魚を食べました。
最近奥様のアレルギーの原因として
魚が怪しいということがありました。
しばらく控えていましたが、抗原性が低いと
される魚を探したところ、飛び魚を発見。
3枚に下ろしてもらいました。
すり身にされるイメージがあり、
あまりおいしくないのかなと思っていましたが、
意外とおいしいのです。ソテーで正解。
塩焼きでは淡白でちょっと物足りないかもしれません。
キムチは私の大好物ですが、仕事など人に会う前には
気が引けます。連休ということで買いました。
これがまたおいしかったこと。奥様は食べられないので、
臭わないよう反対を向いて寝ようと思います。(夫)
by southern-sea | 2008-04-28 17:12 | dinner

4月19日のパン

f0049129_942121.jpg
・レーズン酵母のホワイト食パン

一週間遅れてのアップです(汗)。
今回のパン、いつもより色白のレーズン酵母パンだと
思いませんか?
そうです、全部普通の強力粉で焼いたからなのですー。
種起こしの際は全粒粉を使うのが普通ですが、
強力粉だけでも起こせるらしいと聞き、早速挑戦してみました。
酵母は二回掛け継ぎをして、上がりはまずまずの感じ。
でも、強力粉だけだとグルテンが出過ぎるのか、もしくは
酵母液が多かったのか、ベッタベッタの酵母になって
しまいました(汗)。
ですので、生地をこねる際の水分量は少々減らしてみました。
何とか生地らしく仕上がったので、ひと安心。
起こしてから一週間弱経っている酵母を使ったので、
発酵のスピードが遅めで、膨らみも8、9割といった感じも
ありましたが、小麦の香りがストレートに来る食パンに
なりました。トップには黒ごま・オートミールを付きです。
レーズン酵母だけあって、耳の部分が厚く焼き上がりました。
トーストした方が良さそうだったので、かりっと焼いて、
バターを付けて・・・夫に食べてもらいました。
そうしたら「カリッ、カリッ」と音のよいこと!
あら、美味しそう・・・。
たまには色白の食パンもよさそうです。(妻)

f0049129_9422314.jpg
by southern-sea | 2008-04-27 09:44 | bread

4月26日のばんごはん

f0049129_19261569.jpg

・ちゃんぽん
・豚肉の生姜煮
・かぼちゃの煮物
BGM
Bob Dylan 「Highway 61 Revisited」

本日は奥様がパン教室のため、簡単メニューです。
島原のおばあちゃんが送ってくれたちゃんぽんでございます。
が、スープの表示を見ると「アミノ酸」が。
化学調味料を控えている奥様の夕飯はこちら。

f0049129_19305531.jpg

・ちゃんぽんうどん

と勝手に命名しましたが、具材は同じで
麺とおつゆが違います。
麺は三越地下のマザーズで見つけた
こちらのうどんでございます。

f0049129_19321811.jpg

添加物が入ってないのに常温で日持ちする
奇跡のうどんです。お味もなかなかでした。
まさに「お買い置きに便利」でありますね。(夫)
by southern-sea | 2008-04-26 19:38

Books 妻篇

『夜の姉妹団 とびきりの現代英米小説14編』 柴田元幸編訳

072.gif072.gif072.gif072.gif

柴田氏編訳の本はどれも外れがなく面白い。
この14作品の中では、
『夜の姉妹団』 スティーヴン・ミルハウザー
『僕たちはしなかった』 スチュアート・ダイベック
『いつかそのうち』 ジェームズ・パーディ
『ジョン・フォードの『あわれ彼女は娼婦』』アンジェラ・カーター
『北ロンドンの死者の書』 ウィル・セルフ
がお気に入り。
どのお話も、日常のどこかが少し歪んでいたり、
とても歪んでいたり・・・。
そのおかしな世界が面白いのです。


『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎

072.gif072.gif072.gif072.gif

贔屓にしている伊坂幸太郎の作品です。
読んだのは二度目。
主人公がくるくると代わり、テンポがよく、
どんどん読み進めてしまう。
黒澤の「人生については誰もがアマチュアなんだよ。」
という発言が好き。(妻)
by southern-sea | 2008-04-25 21:41 | books

「ゆきひかり」と「リ・ファリーヌ」

f0049129_2129988.jpg

・米粉のパンプキンマフィン

米粉の種類を変えてみました。
今までは「リ・ファリーヌ」という製菓材料店で購入できるものを
使用していましたが、今回はアレルギー用の抗原性の低い
お米「ゆきひかり」の米粉です。

f0049129_21292049.jpg


お米は、餅米やこしひかりのように粘り気の強いものは
抗原性が高く、私が常食するには向きません。
ですので、数ヶ月前に一度「ゆきひかり米」を取り寄せて
みました。評判通りさっぱりしたお味でしたが、
アマランサスをプラスして炊くので、ぽろぽろ感は
気になる程ではありません。
お値段が少々張るのがネックで、今は「ササニシキ」
を食べることが多いのですが・・・。

今回のマフィンはゆきひかり米粉、さごやし粉、パンプキン
パウダー、甜菜糖、ベーキングパウダー(ラムフォード)、
グレープシードオイル、水で作りました。
膨らみは「よい」という程ではありませんでしたが、水分はきちんと
抜けきっていた様子。
膨らみがいま一歩なのは、水分が少々多過ぎた為かもしれません。
「リ・ファリーヌ」と比べると、ふんわりさくっとした食感で、
「ゆきひかり」米粉の方が私は好みです。
「ゆきひかり」のマフィンは、私の朝食の定番入りかな。


f0049129_21232244.jpg


そして、こちらも米粉のお菓子。
「米粉クレープのあんこ巻き」です。
こちらはもちもち感が欲しかったので、「リ・ファリーヌ」
を使いました。
リ・ファリーヌ、さごやし粉、甜菜糖、塩、水を混ぜた生地
を、薄く油を引いたフライパンで焼き、つぶあんをくるっと
巻いただけ。あんこは「有機栽培小豆のつぶあん」を
自然食品ショップで買ってきました。
あっさりとした美味しいあんこで、お気に入りです。
米粉クレープは香ばしくてもちもち。
太宰府の梅ヶ枝餅に似たお味でした。
米粉のお菓子初心者ですが、この粉はなかなか
面白いと思います。(妻)
by southern-sea | 2008-04-23 21:34 | cs/allergy

Book 妻篇

『インディアナ、インディアナ』 レアード・ハント

072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif

情景的な文章で、独特の雰囲気が漂う作品。
言葉を噛みしめながら読まなくては情景が想像できませんが、
噛みしめすぎるとかえってこの作品の世界が壊れて
しまう気がします。
「何となく」読んでいくと、段々摑めていく感じ。
好きだなぁ、こういう物悲しくも雰囲気のあるお話。(妻)
by southern-sea | 2008-04-21 22:22 | books