これが夢ならば・・・


発酵食品の除去、卵の除去、アレルギー症状の出た魚・野菜
・果物の除去をしているうちに、日に日に食べられるものが
少なくなってきました。
以前は症状が出たらステロイド剤で対処していたのですが、
それではもう追いつかないので、食前に服用してアレルゲンの
吸収を抑える薬を最近は処方されています。
これを飲んでも症状が全くでないわけではなく、軽減される程度。
口に入った時点で美味しく感じないものもあるし、過去の症状を
考えると、薬を飲んでいても、率先して食べる気にはなれません。
食べることに危機を感じ始めたので、国のアレルギー研究機関
に指定された病院に行ってみました。

今までの検査結果やアレルギー経過をまとめた文書を見て
もらったところ、先生は「うーん、うーん・・・」と唸りながら
しばらく考え込んでいらっしゃいました(汗)。
これまでの治療は筋の通ったものであるとの見解だったので、
とりあえず、ホッ。
色々と話した結果、成人の複雑な食物アレルギーを特に専門に
していらっしゃる先生に、時間をかけて問診して頂き、
それから詳しい検査を受けることになりました。
一人にかなり時間をかけて問診するので、月に数人しか枠を
設けてないらしく、予約は一ヶ月くらい先・・・。長いなぁ。

今回診て下さった先生によると、成人の複雑な食物アレルギーの
特効薬は今のところなく、アメリカで開発されつつある新薬の
「抗体注射」に期待が寄せられているとのこと。
この注射も臨床段階で、全ての人に効果があるかまだ分からず、
一本で150万円(!!)もするうえ、数本打たなければならない
可能性があるですって。
えぇぇぇぇぇぇぇぇ。150万円を数本!?無理でしょ。
驚く私に、先生が「まあ、専門の先生がどういう検査や判断を
なさるか分かりませんが、とりあえずそういう状況なので、
劇的に良くなるということを期待しないほうがよいかもしれません。
そのことだけ分かっていて下さい。」とおっしゃいました。
そっか・・・期待してはいけないんですね。了解です。
落胆もありましたが、同じような症状で苦しんでいる方が
いると聞いただけでも少し気が楽になります。
私だけではないんだ。
できれば、そういう方々とお話をしてみたいな。

時々、朝起きたら「今までのアレルギーは夢だった」なんて
事がないかな?と思ってしまいます。
数ヶ月後、やっぱり夢だった!ってことにならないかなー。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-09-04 17:49 | cs/allergy


<< 9月5日のひるごはん お弁当のおかず >>