<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

しわしわ・うずまき

f0049129_20165927.jpgf0049129_20171823.jpg

・ホシノ天然酵母のいろいろベーグル
・      〃   のよもぎ&あんこロール

プレーン生地とよもぎ生地を用意して、ベーグルと
あんこロールにしました。
ベーグルは、プレーン、いよかんピール、レーズン
とよもぎ。
薄力粉を20%加えた生地なので、軽いけれどモチっと
しているベーグルです。
茹でる時のモラセスの量が少なかったためか、
幾つかしわしわのおばあちゃんベーグルになって
しまいました(汗)。
微妙なところで上手く焼けないのが難しいところだわ。
そして、よもぎ生地でこしあんを巻いたパン。
私が一番得意なロール型の成型です(笑)。
ただ巻くだけなので、不器用な私でもできるからでしょうか・・・。
最近はおしゃれなパンがモテるせいか、あんパンは
地味な存在になってしまいましたが、やはり美味しい
ですよね〜。
家に遊びに来てくれた友人が「実は私、あんパン好き
なんだよねー。」と言ったとき、「そうそう!美味しいよね♪」
と私ともう一人の友人とで意見が一致。
やはりみんな好きでした。
こんなお話をしながら食べたのが、こちらのランチプレート。

f0049129_20174127.jpg


・鶏肉のグリル シナモンバジルの香り
・蒸し野菜
・ベーグル(プレーン、よもぎ)
・自家製いよかんピールのクリームチーズディップ

私はトマト抜き、パンの代わりにご飯でした。
鶏肉は、にんにく少々とシナモンバジル、塩、オリーブオイルを
すり鉢で摺って鶏肉にからめ、一晩寝かせたものをグリル
しただけ。
外食ではなかなか一緒に食事が出来ないので、一緒に
おしゃべりしながら食事が出来て、とても楽しい一日と
なりました。(妻)  
[PR]
by southern-sea | 2008-08-30 20:22 | bread

8月24日の映画

『ノー・カントリー』

コーエン兄弟がアカデミー賞をたくさん取った
ということで大変期待していた作品です。
ついツタヤの「新作」を借りてしまいました。
たまのぜいたくです。
とにかく主演のハビエル・バルデムの気持ち悪さと
いったらもう最悪です。
同じく彼主演の「コレラの時代の愛」は50年以上
好きな女性を待ち続ける執念の男のお話ですので、
通じるものがあるのでしょうか。
こちらも楽しみです。
個人的には逃げるルウェリン役が愛しの
Mr.ピンク、ブシェミだったら最高の映画なのですが。
彼が手に入れた金を持って逃げるなんて
レザボア・ドッグスの続きみたいでいいですよね。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-08-30 09:29 | cinema

Book 妻篇

『聖母の贈り物』 ウィリアム・トレヴァー

072.gif072.gif072.gif

12の短編集が収められた作品。
短編ながら、印象に残るお話が多いです。
どれも人生の重要な一コマを覗き見したような感覚を
覚えます。
話の展開も、どんどん予想を裏切る方向に・・・。
ノスタルジーと毒を備えた作品たちだと思います。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-08-29 19:21 | books

デラウェア

f0049129_1950657.jpg

・デラウェアのコンフィチュール

そういえばデラウェアのコンフィチュールってお店で見かけたことが
ありませんが、美味しくできるのでしょうか?
ネットで検索したら、作っていらっしゃる方がいたので、冷蔵庫に
たくさんあったデラウェアを消費するためにも作ってみました。
房から外して、花見糖とレモン汁を入れ、とろりとするまで
煮詰めただけ。
糖度は30%。デラウェア自体が十分甘いので、30%でもしっかり
甘みのあるコンフィチュールです。
最近は、甘さがかなり控えめのものも売っていますが、私は
クラシックなタイプの、ある程度甘みのあるものが好き。
酸味が少ないコンフィチュールになるかな?と思っていたのですが、
甘みと酸味のバランスがとっても良いのです。
予想以上に美味しくて、どうして市販で出回ってないのか不思議な
くらい。下ごしらえも楽ちんなので、定番にしたいですね。
夫には、ヨーグルトと合わせて出してみました。
甘酸っぱいモノ好きの夫も、好みの味だったことでしょう。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-08-27 20:02 | etc.

ヒルガオ科サツマイモ属

f0049129_19452617.jpg


・馬挽肉と空芯菜の炒め蒸し

食材を選ぶ時に気にしているのは、抗原度と属する「科」。
一つの食物にアレルギーを起こすと、同じ科に属する他の
食物にも反応してしまうことがあるので、「科」はどうしても気に
なってしまいます。
空芯菜は抗原表には載っていなかったので、調べたところ
ヒルガオ科サツマイモ属だそう。
サツマイモが食べられたら大丈夫?と思って試してみました。
馬肉も抗原度の低い食品ですが、なかなか手に入らないのが
難点ですね。
油が少なくて済むように、フライパンで馬肉を炒めた後、
空芯菜を入れて蓋をして、炒め蒸しにしました。
ちょっとクタッとしてしまうけれど、気になるほどでは
ありません。味付けはいつもの如く塩だけ。
馬肉は少々硬くて弾力があるので、噛み応えのある
炒め物になりました〜。
食後の体調もどうもなかったので、空芯菜はOKのようです。
オールシーズンあるとよいのですが、もうすぐシーズンが
終わってしまう模様。
そうなると、また小松菜の日々です。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-08-27 19:47 | cs/allergy

8月23日のばんごはん(夫版)

f0049129_20411232.jpg

・餃子
・なすとズッキーニのマリネ
・蒸しとうもろこし
・ごはん(鹿児島産新米)
BGM
Radiohead 「Amnesiac」

みなさん餃子でございますよう。
しつこいようですが、大好物です。
先週末に奥様の実家にお邪魔した際、
お土産にといただいてきました。
母上と妹さんの作品だそうです。
シンプルなお味でとてもおいしうございました、
そして新米です。まだ8月だというのに。
さすが鹿児島は米の生育が早いそうで、
こちらも先週奥様の実家からいただきました。
ちなみに奥様は餃子を食べるのは厳しいので、
たちうおの塩焼きでした。
やはり家で食べるご飯はうまいなあ。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-08-23 20:58 | dinner

Book 妻篇

『わが悲しき娼婦たちの思い出』 ガブリエル・ガルシア=マルケス

072.gif072.gif072.gif072.gif

『コレラの時代の愛』に引き続き、ガルシア=マルケスを
読みました。
川端康成の『眠れる美女』の引用が冒頭になされ、
「満九十歳の誕生日に、うら若い処女を狂ったように愛して、
自分の誕生祝いにしようと考えた」で始まるこの作品。
老人の少女に対する偏愛が、想像すらできない方向に
進むのでは・・・と身構えながら読みましたが、
ちょっと切ない純愛でした。
老いは後退だと捉えられることが多いと思いますが、
この老人は違います。
恋愛に関してくじけそうでも、前を向いて進んでいくのです。
現実にありそうでなさそうな物語。
そんな世界が好きな私です。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-08-22 19:46 | books

湿気っているわけでは・・・

f0049129_19542866.jpg


平日の夕飯は私しか食べないので、料理という料理を
作っていません。材料も調味料もかな〜り限られるので、
手の込んだ料理を作る気力がなくなってきました(汗)。
お肉もお魚も野菜も、蒸したり、焼いたり、炒めたり
して塩こしょう。
紹介するまでもないので、お菓子やパンばかりアップして
しまいますがご了承を。

クッキーはレシピ「アトピーっ子のお料理ブック」を参考に
作りました。
材料は、米粉、パンプキンパウダー、甜菜糖、菜種油、
水、レモン汁。
やっとまとまるくらいに水分を調節するように、と書いてある
ので、何とかまとまるくらいにして、アイスボックス風に
成型しました。
以前焼いた米粉クラッカーはガッリガリで硬かったのですが、
これは硬くはありません。
反対に、ソフトな食感。悪く言えば湿気ったような感じです(笑)。
もう少し、さくっとした食感を目指したいものです。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-08-19 19:55 | cs/allergy

8月10日の映画

『題名のない子守唄』

心に傷を負った謎の女性の物語です。
けっこう残酷なシーンが多く、奥様には厳しかった様子。
観ながら「大丈夫かなあ」とはらはらしていました。
ストーリーは私が好きな雰囲気ですが、
描き方が我が家には合いませんでした。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-08-17 17:08 | cinema

卵、小麦、乳、大豆なし!

f0049129_8412832.jpg

・さごやし粉とタピオカ粉の紅茶クッキー

食物アレルギーでない方には、さごやし粉もタピオカ粉も
馴染みの薄い材料かもしれませんね。
さごやし粉は米粉マフィンやつなぎ、とろみ付け
によく使っていて、小麦アレルギーの人でも食べられる
低アレルゲン食材。タピオカ粉はタピオカの澱粉粉で、
片栗粉のように使います。
このクッキーは、「アトピーっ子のお料理ブック」というレシピ
を参考にしました。
さごやし粉、タピオカ粉、甜菜糖、重曹、かぼちゃパウダー
に菜種油とレモン汁を入れ、熱湯を加えて生地をこねます。
そこに有機紅茶を加えて生地の出来上がり。
オーブンから出したクッキーはかる〜い焼き上がりで、
油っぽい感じは全くしません。
カラッ、ホロッとした食感で、味もさっぱり。
近頃、こってりした洋菓子や砂糖がたっぷりのお菓子は
食べないので、これくらいの軽さ、甘さがちょうどよいです。
デパ地下に行くと、綺麗なケーキがショーケースに並んで
いますよね。以前は「食べるもの」として観ていましたが、
今では「鑑賞」のためのもの。
それでも食べてみたくなるので、なるべく足早にそのコーナー
を立ち去ります(笑)。
体のためにはよいのかも??(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-08-15 08:44 | cs/allergy