<   2008年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ひとつの区切り


妻です。
実は、本日をもって退職いたしました。
ここ数年でアレルギーは坂を転がるように悪くなり、
除去食療法や投薬も実践しましたが、思うように
よくなりません。
症状が出ては薬の量を増やすという悪循環が
続いており、これをどうにか断ち切ろうと、一度
生活スタイルを変えてみるという賭けに出ることにしました。
これまでも、アレルギー症状が出る度に
「仕事は続けたい。でも、体が限界かも・・・」と思いながらも
自分なりに精一杯頑張ってきたつもりです。
体調の波や、少し疲れただけでも、アレルギーは
一触即発の状態なので、いつも綱渡りをしているような気分。
食べる度に体調が悪くなったときなどは、「点滴のようなもので
栄養が取れたらどんなに楽だろう」と思ったこともありました。

これからしばらく、ありとあらゆる食べ物を自分で作る
生活になります。
アレルゲンや添加物を避けるためには仕方ありませんが、
少しは体調が戻るのではないか、と期待しています。
でも、その生活で体調が戻ったとしても、普通の人のように
外食をしたり、ある程度加工品を食べたりできなければ、
本当に戻ったとは言えません。
アレルギーに完治はないと一般に言われていますが、
症状を軽くしたり、出る頻度を少なくすることは可能だそう。
しばらく正面からアレルギーと向き合ってみます。

私は今回の職場が2社目でしたが、1社目をかなり短期間で
辞めてしまったので、実質、仕事は今の職場でしたようなものです。
法律事務と特許事務(主に商標)の仕事で、内容的にも興味を持て
たので、続けることが出来ればと思っていたのですが、
仕方ありません。
小さい頃から転校が多く、別れは多々体験しましたが、慣れるなんて
いうことはありませんね。
毎日のように通っていた職場を離れるのは、
やはり辛いものです・・・。
これからも前を向いて進んで行きたいと思いますので、
応援よろしくお願いします。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-06-30 21:10 | etc.

6月28日のばんごはん

f0049129_1072213.jpg

・目鯛のソテー カレー風味
・キャベツと豚肉のスープ
・アマランサスご飯
BGM
UA × 菊地成孔 「cure jazz」

目鯛にマイカレー粉をまぶしてソテーしております。
我ながら大変風味が良い香り。
魚も身がぷりぷりでうまいです。
マイカレー粉はカレーだけではなく、
このような使い方にも大変重宝です。
そろそろ別のマイカレー粉を作りたいところですが、
なかなかカレー粉がなくならないためしばらく
あとになりそうです。(夫)
 
[PR]
by southern-sea | 2008-06-29 10:35 | dinner

6月28日のひるごはん

f0049129_100379.jpg

・チャーハン
・キャベツと豚肉のスープ
BGM
Likkle Mai 「Roots Candy」

久々にチャーハンでございます。
奥様は食べられませんので私専用です。
土曜の昼のチャーハンというと小学校の頃を思い出します、
たいていチャーハン、うどん、そば、まれにパンのどれかでした。
うちの奥様はホットケーキが土曜ランチの思い出だとのこと。
むむ。また育ちの違いを思い知らされました。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-06-29 10:06 | lunch

Book 妻篇

『流れ星』 カレル・チャペック

072.gif072.gif072.gif

飛行機墜落事故に遭った男性が病院へ運ばれる。
彼は一命を取留めたものの重体であり、身元を示すものは
何一つない。「患者X」と名付けられた彼について、
尼僧看護婦、千里眼氏、詩人が彼の人生を想像し、
語る小説。
千里眼氏の語りがかなり哲学的で、雰囲気でしか
理解できません。深く読むほど解らなります・・・。
話の流れは楽しめたのですが、哲学をあまり理解できなかった
ので☆3つです。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-06-24 20:46 | books

6月22日のばんごはん

f0049129_2222166.jpg

・豚ひれ肉のグリル リーフ添え
・有機豆腐の冷や奴 黒ごま酢かけ
・根菜の塩スープ
・かぼちゃのいとこ煮
・とうもろこしご飯
BGM
Ted Lennon 「Water & Bones」

豚肉は先日奥様が福引きで当てた渡辺バークシャー牧場の
ひれ肉です。すりおろした玉ねぎと芋焼酎、醤油で下味を
つけてグリルしております。やはり鹿児島の豚肉はうまいです。
とうもろこしご飯は奥様がとうもろこし1本分の実を
包丁を使わずに手でもいだ力作だそうです。
炊いているときからとうもろこしのよい香りが
漂っておりました。苦労の甲斐あっておいしうございました。
とうもろこしや枝豆の香りを嗅ぐと夏だなあという
気がしますね。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-06-22 22:12 | dinner

6月22日の映画

『This is BOSSA NOVA』

ずっと観たいなあと思っていたドキュメンタリーです。
ボサノバについてはアントニオ・カルロス・ジョビンが
発明したという話はどこかで読んだことがありましたが、
その誕生について詳しく知ることができました。
確かに彼が果たした役割は大きかったのですが、
多くの仲間が関わっていたそうです。
ブラジル映画というと「シティ・オブ・ゴッド」が
思い浮かびますが、全く対象的。
ボサノバが生まれた50年代末頃、リオデジャネイロは
陽気で安全な街だったそうで、その風土がボサノバの
誕生に関係しているようです。
それこそリオのあるべき姿であるとのお言葉。
貧困がなくて治安の良いリオデジャネイロなんて
天国のような街でしょう。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-06-22 21:58 | cinema

6月15日の映画

『サン・ジャックへの道』

フランスからスペインの西端まで1,500kmを
徒歩で行く巡礼の旅のお話です。
昔から旅に憧れる私は、登場人物を羨ましく
思って観ました。
物語はまあさておくとして、景色の美しさが
一番の見所だと思います。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-06-21 09:01 | cinema

和菓子な気分

f0049129_22265813.jpg

・有機こしあんの水ようかん

アレルギー対応のお菓子レシピに載っていた
水ようかん。そろそろ蒸し暑くなってきたので、
冷たいお菓子が恋しくなり、作ってみました。
お手軽に市販のこしあんを使ったので、
ほんの10分くらいでできます。
材料は、有機こしあん、水、寒天、甜菜糖、塩。
シンプルなだけにごまかしが効かなそうですね。
どうやら寒天を多めに入れてしまったようで、
ちょっと固くなってしまいました。
甜菜糖をレシピより控えたので、かなり甘さ控えめです。
これで食感が「するん」としていれば申し分ないのだけれど。
次回は「するん」とした水ようかんを目指します。


さてさて、こちらは何でしょう?一応、食べ物です。

f0049129_22271051.jpg


正解は、
・シナモンの生八つ橋

です。八つ橋を作るのも初めて。
新しく購入した米粉レシピに載っており、手作りの八つ橋なんて
聞いたことがないなぁ、と思って作ってみました。
レンジを使うので、比較的簡単にできるようですが、
練る時のべたべた感には参りました。
こね台でこねると、べーーっつとり付いてしまうのです。
でも、不思議と手にはあまり付きません。
仕方がないので、手に持ったまま空中でこねてしまいました。
材料は、上新粉、白玉粉、シナモンパウダー、甜菜糖、水。
甜菜糖を使ったので、ふつうよりも色が濃いかもしれません。
市販の八つ橋よりも断然こしが強いです。
表面の打ち粉を少なくしたので、もち感が更にアップ。
シナモンの香りもよく、お味はよいです。
「肉桂餅」という名前の方がふさわしいかもしれませんね。
夫に出したところ、「何!?」と言われてしまいましたが、
お味は気に入ってもらえたようです。
こねる時のべたべたがあそこまでなければ、また作りたいと
思うのですが、あのべたべたは遠慮したいわ・・・。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-06-20 22:30 | cs/allergy

Book 妻篇

『魔王』 伊坂幸太郎

072.gif072.gif072.gif072.gif

他の作品とは違い、政治性、社会性の強い作品。
そうは言っても、登場人物が超人的な
不思議な力を持っているので、いつもの
「ちょっとした現実離れ」は存在します。
大衆を煽動するファシズムの力に、世の中が
飲み込まれそうになる中で、立ち止まる主人公たち。
自分自身、周りに流されないようにしようと
思っていますが、それを再認識できました。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-06-16 21:49 | books

6月15日のばんごはん

f0049129_22163941.jpg

・いしもちの塩焼き
・キャベツ、ツナ、わかめの黒ごま酢
・蒸しとうもろこし
・挽肉と根菜のスープ
・もちきびご飯
BGM
Bob Marley & Various Artist 「Chant Down Babylon」

本日のメインはいしもちです。
名前の由来は頭部のどこかに石を隠し持っているからだそう。
魚屋で観察すると口から浮き袋が飛び出ているものが多いのですが、
これは中華料理では乾燥させ珍味となるそうです。
中華には蚊の目玉のスープというものがあると聞いたことが
ありますが、何でも食べてしまう知恵はさすがです。
浮き袋は食べませんでしたが、身のお味はなかなかでした。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-06-15 22:18 | dinner