<   2008年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2月29日のばんごはん

f0049129_20291166.jpg

・豚肉と小松菜の塩炒め
・かぼちゃの煮物
・かぶと人参のスープ
・もちきびご飯
BGM
Roberta Flack 「Killing Me Softly」

本日のメインは私が作りました。
炒め物は手早く作らねばならないので
ちょっと緊張します。塩加減の調節も
煮込み料理やスープよりも難しいし。
奥様によるとまあまあだったようです。
ところで本日のBGM、ロバータ・フラックは
奥様の母上のお気に入り。青春時代に聴いて
おられたそう。素敵なセンスです。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-02-29 20:36 | dinner

2月24日の映画

『ハイ フィデリティ』

前々から観たいと思っていたこちらの映画。
近所のツタヤには1枚しかなく、
いつもレンタル中でした。
通い詰めること数ヶ月、ようやく発見です。
レコード店を営む男の恋のお話。
内容も期待したとおり面白かったのですが、
やはりサントラが素晴らしかったです。
でもさらに素晴らしかったのは、
そうジャック・ブラックです。
うるさい従業員の役で出ていました。
「スクール・オブ・ロック」が好きな
人にはおすすめです。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-02-27 21:21 | dinner

寒天のおやつ

f0049129_21241016.jpg

少し前に流行った「寒天」ですが、栄養士の先生に薦められ、
今更ながら食べております。お腹のお掃除のために。
手軽に食べるときは、ミネラルウォーターだけで作って
みつ豆のようにしたり、100%ジュースで食べたり・・・。
今回は、リンクの「かごしま食楽彩菜」のブロ友さんに教えて
頂いた「いちごの寒天ゼリー」を作ってみました。
いちごの果汁と果肉の入った、よそいき寒天。
教えていただいたレシピでは、いちごを一粒のまま使って
ありましたが、切りやすいかと思い、カットした果肉を
入れてみました。
果汁を強く絞り過ぎたのと、甜菜糖を使ったせいで
少々濁ってしまいましたが、きちんといちごの味のする
寒天ゼリーに仕上がりました。
お店でこういうゼリーや寒天が出てくると、大抵は香料の
味がして受け付けないのですが、これはいちごそのものの
味で、美味しく食べられました。

f0049129_21242424.jpg


こちらは「いよかん」を寒天ゼリーにしたものです。
昨年からこの時期には「いよかんピール」作っていますが、
この週末に作ったので、余りの果肉を使いたくて。
一つ一つ皮をむき、型に果肉を入れ、水、レモン汁と
甜菜糖で作った寒天液を注ぎ入れました。
いよかん自体も甘かったので、寒天に入れても味がぼやけず、
好みの味に仕上がりました。
食後のおやつがこれだけで済むとダイエットにもなりそうですが、
これだけでは済まないところがいけませんねー。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-02-26 21:26 | cs/allergy

2月25日のばんごはん

f0049129_21265657.jpg

・鴨団子と大根のスープ バジルの香り
・生ハムと有機レタスのサラダ ぱりぱりチーズ添え
・レトロバゲット
BGM
Beck 「Sea Change」

すっかりヨーロッパ的な夕食です。
生ハムは近所の三越のハム屋で半額だったもの。
原材料は肉と塩だけ。えらいやつです。
大根のスープは優しい甘みを感じました。
これに奥様の天然酵母パン。
食事は量よりも質だなあと感じる献立でした。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-02-25 21:31 | dinner

2月24日のひるごはん

・「豚とろ」のラーメン
BGM
Walter Wanderley 「Rain Forest」

鹿児島旅行記で紹介した「豚とろ」の
ラーメンです。お土産用を奥様の母上が
買って持たせてくれました。
ちゃんとレトルトパックで肉もついています。
お味の方はまあレトルトならこんなもんかという感じ。
それにしても東京では鹿児島ラーメンって
あまり見かけません。
福岡のラーメンよりも上品で、豚骨の独特な匂いも
感じないので好きな人は多いでしょうね。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-02-25 21:30 | lunch

2月21日のばんごはん

f0049129_2182442.jpg

・豚肩ロースのソテー レモン醤油ソース
・安納芋と菜の花のソテー
・切干し大根の煮物
・こんにゃくのきんぴら
BGM
Soulive 「Turn It Out」

安納芋と切干し大根は鹿児島に行った際、
天文館の八百屋で購入したもの。
切干し大根の太さといったら。手作り風で良いです。
芋好きな奥様はあちらで芋を買ってきたかったらしく、
他の店でもあさっていました。
安納芋はこちらでは高級品ですが、
本場では手軽に買えるようです。
もそもそする芋は苦手ですが、しっとりして
甘いやつはわたくしも好きです。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-02-25 21:16 | dinner

2月16日のパン

f0049129_1241586.jpg

・レーズン酵母のレトロライ麦フランス
・   〃    そば粉のブロート
・   〃    フィグ・エ・ノア

レッスンで焼いたパンのご紹介。
ずっしりとした感じが、写真でも伝わってきそうなパンでしょう?
奥の二本がレトロライ麦フランス、左手前がフィグ・エ・ノア、
右手前がそば粉のブロートです。
今回はどれも前日に中種を仕込んでおくレシピでしたが、
先生が生地を用意して下さるので、中種の仕込みからは
やっていません。
中種をつかうと、ストレートでは発酵しづらいパンもスムーズに
発酵するそうです。不思議だなぁ。

レトロライ麦フランスは、麦の丸粒が入っているので、
プチプチとした食感でしょうね。
自分で焼いておいて「プチプチとした食感でしょうね」なんて
書くのもおかしい気がしますが、何しろ食べていないので、
あくまでも予想です。

フィグ・エ・ノアはいちじくがベーカーズパーセントで50%も
入ったリッチな配合のパン。
いちじくの20%はペーストにして水分として、
残り30%は具として入れてあるので、焼き上がりの香りが
「いちじく!」って感じでした。
ペーストを入れると上がりが悪いので、
あまり膨らんではいません。
でも、重量感があってかえって良いかもしれません。
きっとフルーティーなお味でしょうねぇ。
カマンベールチーズなどの塩味のあるチーズを付けて
食べたいところです。

そば粉のブロートもそば粉の香りがしっかりする、
どっしり系のパン。
どことなく和風の香りがして、こってりしたピーナッツや
ごまのペーストが合いそうだと、皆で意見が一致していました。
こってりのペーストの味に負けないパンだと思います。

どれも先生の指導なしに作るのは難しそうですが、
自宅でも焼けたら良いなと思うようなパンたちです。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-02-23 12:42 | bread

2月17日の映画

『素粒子』

ドイツの映画です。
ヒッピーの母を持つ異父兄弟のお話。
兄は性倒錯気味で、精神を病んでしまいます。
一方弟は高名な若い学者ですが、
感情をうまく表すことができません。
二人とも心に足りない部分があるのです。
それを埋めていく過程に引き込まれます。
そしてなかなかの豪華キャストです。
兄と弟の彼女は「ラン・ローラ・ラン」のローラと
そのダメな彼の人。
そして兄の彼女は「善き人のためのソナタ」の主演女優。
でも観ている間は全然気が付きませんでした。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-02-23 11:41 | cinema

2月20日のばんごはん

f0049129_21194323.jpg

・大根と豆腐の薄味煮
・カレーポテトのチーズ焼き
・もやしのピリ辛中華和え
・菜の花の胡麻和え
・鮭ご飯
BGM
Studio Apartment 「Paraiso Trrestre」

大根と豆腐の煮物は奥様おばあちゃん、母上と
代々受け継がれてきた伝統の煮物だそうです。
そう言われると優しいお味が感じられます。
ポテトのチーズ焼きは、先日のカレーを作る際に芋を
入れ過ぎ、途中で引き揚げたもの。
ほのかなカレーの風味がとてもおいしいのです。
カレーコロッケとかカレーピラフとか、カレー風味の
食べ物はけっこうありますが、あまりカレーが濃くない
ものが好みです。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2008-02-21 21:30 | dinner

バレンタインのケーキ

f0049129_21163823.jpg

・ヨーグルト酵母のチョコレートケーキ

すっかりアップが遅れてしまいましたが、パン教室のレッスンで
作った、酵母を使用したチョコレートケーキです。
バレンタインメニューだけあって、とってもリッチな配合。
チョコレート、フルーツのラム酒漬け、ナッツなどをたっぷり
入れて、ラウンドのケーキ型に入れて焼きました。
ケーキの上面にはマカロン生地を絞り出して焼き上げます。
これだけ副材料が入るとあまり膨らまないのでは?
と思ったのですが、それが大違い。
ぐんぐん膨らんで、オーブンから出した時はまるでボールみたい。
上に丸ーく膨らんでおりました。
チョコとフルーツの甘い甘い香りがいっぱいに広がって、
香りだけでいい気分です。

f0049129_21165599.jpg

毎年、夫へのバレンタインは何かしら手作りのお菓子を
あげるようにしていますが、今回のプレゼントはこのケーキ
にしてしまいました。
先生は「バレンタイン前にレッスンをしたのだから、当日あげる
ものは自分で作るようにね!」と言われていたのですが、
この大きなケーキをもう一台焼いても食べる人が
おりませんしね・・・。
チョコ好きな夫が「うまいうまい」と言って食べてくれたので、
来年こそは自分で焼くことにいたします~。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-02-19 21:19 | bread