<   2007年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

11月24日の映画

『ディパーテッド』

我が家にしては珍しくメジャー作品です。
なのでストーリーは皆様お分かりですね。
レオナルド・ディカプリオを見るのは久しぶり。
「ビーチ」以来?すっかり大人になって。
渋い表情がとてもよろしいですね。
それにしてもディカプリオの上司のおじさん
どこかで見たなーとずっと思っていたら、
ドラマ「ザ・ホワイトハウス」の大統領でした。
なるほど。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2007-11-30 19:46 | cinema

11月29日のばんごはん

f0049129_21133412.jpg

・鰯の天日干し
・春菊の黒練り胡麻和え
・大根とキャベツの味噌スープ
・紫芋のさつま芋ご飯
BGM
Ben Folds 「Songs For Silverman」

大根とキャベツのスープは野菜が食べたいという
奥様のリクエストにお応えして作りました。
味噌汁よりも薄めの味付けにしてたらふく食べてもらおうと
気合いを入れたら、大根を入れ過ぎてしまったようです。
でもお味は良かったのでよしとしましょう。
それにしても紫芋ご飯はカラフルですね。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2007-11-29 21:21 | dinner

11月27日のばんごはん

f0049129_21195617.jpg

・ごぼうともち豚の塩胡椒蒸し
・ちんげん菜と厚揚げのピリ辛スープ
・黄金千貫と里芋
・十穀米
BGM
Nico 「Chelsea Girl」

厚揚げは一度凍らせたものを解凍しています。
そうすると中身が凍み豆腐のようになります。
これがスープを吸っておいしいのです。
私の母の故郷である新潟県の栃尾という
ところは大きな油揚げが有名なのですが、
それに近い感じ。
黄金千貫は一見じゃがいものようですが、
白いさつまいもです。意外に甘みがありました。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2007-11-27 21:30 | dinner

11月26日のばんごはん

f0049129_2110057.jpg

・鰤のあらの煮付け バルサミコ風味
・自家製干し大根と豆腐のみそ汁
・打豆の煮浸し
・蒸し里芋
・白米ご飯
BGM
Beck 「The Information」

鰤のあらは三越の地下でなんと200円。
結構食べるところもあって大満足です。
バルサミコ酢の風味が効いております。
干し大根は銀杏切りにしてベランダで干したもの。
不思議な食感でおいしかったです。
それにしても大根を干してある光景を見たら
韓国の名画『吠える犬は噛まない』のシーンを
思い出して吹き出してしまいました。
ってこれが分かる人あんまりいないだろうな。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2007-11-27 21:18 | dinner

11月24日のばんごはん

f0049129_19185474.jpg

・豚もも肉の焼酎蒸し クレソン添え
・さといもの煮っころがし
・ちんげん菜と厚揚げのあっさり煮
・ちぎりかまぼこ
・十穀米
BGM
Soundtrack
「Hedwig And The Angry Inch: Original Cast Recording」

料理に日本酒を使うことは多々ありますが、
今回は焼酎に初挑戦。
私たちはお酒をほとんど飲めませんが、酒蒸し
やワイン煮は大好きなのです。
焼酎をダイレクトに味わってみたかったので、
豪快に豚肉の塊と一緒に蒸してみました。
まず、豚肉に塩を擦り込んで、焼酎につけること一昼夜。
そのお肉を密閉性の良い鍋に入れて、
焼酎とねぎの青い部分と一緒に弱火で蒸すこと30分。
香りの良い焼酎蒸しが出来上がりました。
日本酒のように香りは強くないけれど、旨みがあります。
味を薄めにしたので、ぬちまーすを付けて食べたのですが、
これがまた旨み倍増!
あまり手間もかからないので、これは使える調理法かも
しれませんね。塊で作るとゴージャス感もありますし。

野菜セットで続々届くさといもは、夫が好きな煮っころがしに。
さすが有機のためか、味が濃いさといもでした。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2007-11-25 19:20 | dinner

11月23日のパン

f0049129_20135648.jpg

・ホシノ天然酵母のクロワッサン(プレーン/チョコ)
・ホシノ天然酵母の山食パン

久しぶりにホシノ天然酵母です。
レーズン酵母も好きですが、ホシノ酵母の日本酒のような
香りが好きなんです。お酒、飲めないんですけどね。
寒くなってきたから生地の折り込みをしたくて、
クロワッサンを2シート分焼きました。
レーズン酵母の生地よりベタつくし、しばらく折り込みを
やっていなかったせいか、ちょっと鈍っています。
生地を冷凍庫で休ませている途中で宅急便が来て、
片付けをしている間にバターが凍り気味になって
しまいましたし・・・。
でも、何とか形にするまでこぎつけ、プレーンと
夫の好きなチョコクロワッサンに。
思ったよりも大きく膨らんでくれたので、
ちょっと安心しました。
バターが凍ってしまったせいで、生地が固い部分も
ありましたが、まあ仕方ありません。
またの機会にリベンジします。
それにしても、バターたっぷりのパンが焼ける香りに
浸るのも久しぶり。
せっかくだから焼き立てをパクリ。
外がバリバリで中がモッチリ。
あぁー、やっぱりクロワッサンは自分で作るに限ります。
お店ではなかなかホシノ天然酵母と国産小麦の
クロワッサンは見かけないし・・・。
実は私、フランス風のサクサク、ハラハラのクロワッサンは
あまり好みでないのです。パイは好きなんですけどねー。

それから、クロワッサン生地と同じ配合の山食パン。
いつもは2山ですが、今日は3山にしてみました。
少々生地が緩かったせいで成型がしにくかったのですが、
ちょっと遊んでみたくて。
真ん中の山が少し低くなってしまいました。
3つを同じ高さに仕上げるのは難しいだろうなぁ。
こちらも酵母の香りが良く、優しい味わい。
レーズン酵母も美味しいけれど、やはりこっちも美味しいぁ。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2007-11-24 20:16 | bread

11月17日の映画

『ママが遺したラヴソング』

ジョン・トラボルタとスカーレット・ヨハンソンの共演です。
母の死をきっかけに、娘がアル中のおやじ二人と同居しながら
成長し自分の過去を知るというお話。
私の世代はトラボルタと言えばパルプ・フィクションです。
あの微妙な後ろ髪とダンス、そしてシェイクの飲み方。
ああかっこよい。
久々に観た彼ですがやはり良いです。
このダメおやじぶり。たまりません。
スカーレットはまあ言わずもがなです。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2007-11-24 19:40 | cinema

11月24日のイルミネーション

f0049129_20212259.jpg

わが町でもイルミネーションが始まりました。
とてもきれいですね。でもでもでもね。
クリスマスの1ヶ月以上前からきらきらしてます。
きれいだけど電気がもったいないなあ。
いまどきこのようなイルミネーションは時代遅れですよね。
ツリーを飾るとかクリスマスを祝うとかそういうのは
楽しくて良いと思います。
ろうそくを使うなど、工夫次第で環境に良くて
素敵なものができるのではないでしょうかね。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2007-11-24 19:32 | etc.

11月18日のパン

f0049129_2133380.jpg

・レーズン酵母のヨーグルトブレッド
・   〃   黒糖セサミブレッド

ヨーグルトブレッドは家で初挑戦です。
レッスンでは、先生が生地を用意して下さるので、
捏ねる様子や水分調整は見ることができません。
ヨーグルトを入れると生地が締まるだろうと
予想はしていましたので、水分調整の際に緩めに
したつもりでしたが、出来上がった生地は少々硬め。
クープが開くか心配でしたが、予想に反してガバッと
開いてしまいました。
もう少し発酵させた方が良かったのかもしれません〜。
ライ麦も入っているので、ほんの少し酸味のある
しっとりしたパン。見極めが適切だったかどうか
わかりませんが、味は良かったので安心。
次回はもう少し緩く捏ねて、発酵を待ってみよう。
もう一つは、もはや定番となった黒糖セサミブレッド。
このパンはほんのり甘くて女性に人気。

今回のパンははある方々へのお土産として焼きました。
それも日本人でなく海外の方。
オーストラリア人の奥様、イギリス人の旦那様というご夫婦です。
実はこの奥様の父上が、私の父の友人。
このご夫婦は私たちと歳がかわらないくらいで、昨年から
東京で仕事をしているのだそう。
週末に、私の両親、私、夫、このご夫婦でランチをしたのでした。
8割方英語での会話だったのですが、話しているのは、ほぼ
私の父とオーストラリア人の奥様。
私は三言くらい単語が言えた程度で、意思疎通なんて論外。
聞き取れないわけではないのに、全く話せなくて、
中学高校、大学と何をやってきたのだろう・・・と思いました。
パンは喜んでもらえたけれど、少しくらい英語を話せるように
ならなくてと自分を戒めたのでした。
できれば、このパンを海外の方が食べてどう思うのか
聞いてみたいんだけどなぁ。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2007-11-21 21:11 | bread

さつまいもとかぼちゃ

f0049129_20271382.jpg
f0049129_2027291.jpg

さつまいも、かぼちゃ、栗などほくほく系は女性に
人気がありますよね。モチロンわたしも大好きです。
ほんのり甘い薄味煮がうちの定番ですが、たまには
夫が食べやすいようなお惣菜にしてみました。
甘い味付けだと、最後まで箸を付けずに一番最後に
食べる我が夫。好みでないわけではないそうですが・・・。

さつまいもはすき昆布と一緒にしょう油を効かせた煮物に。
戻したすき昆布を少量の油で炒め、さつまいもも加えて
炒めます。ひたひたの水を注ぎ、さつまいもが煮えたら
酒、砂糖、しょう油で調味。いつもより砂糖を控え、
しょう油をメインに使いました。
昆布が加わると、ご飯のお供にもなりますね。
一方かぼちゃは豚ひき肉と合わせました。
油を引かないフライパンで豚ひき肉をカリカリになるまで
炒めて、塩、胡椒で調味。それを、小さめに切って蒸して
おいたかぼちゃに和えただけ。油も使わないお惣菜です。
アレルギー専門の栄養士さんから、油は良いものを少量、
なるべく加熱しないで取るようにと言われています。
ですので、普段自分で作るおかずは極力油を控えて
います。こういう和風のお惣菜はとても重宝します。
週末に必ず2、3のお惣菜や茹で野菜を作り、冷蔵庫に
ストック。平日のご飯やお弁当に重宝しています。
以前はお弁当をあまり持っていっていませんでしたが、
何しろお店のお弁当は食べられるものが少なく、
たとえ地味おかずのものを買っても、おかずは1/3くらい
しか食べられません。それだったらと、アレルギー対応の
冷凍おかずも利用しつつ、週の半分はお弁当を持って
いくように心掛けています。
自分で素材を選んで作ったものが安心なんですよね。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2007-11-20 21:19 | dinner