<   2006年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

6月30日のばんごはん

f0049129_2057460.jpg

















・グリーンカレー
・ジャスミンライス
・きゅうりとトマトのサラダ

6月最後のばんごはんは、二人の大好きなタイカレーです。
とても辛くてうまいのです。
もちろんライスはタイ米。タイ米を炊くと家の中までタイの香り。
そのにおいがダメという人もいるでしょうが。
サラダの盛付けもダサくアジア風にしてみました。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2006-06-30 21:02 | dinner

6月29日のばんごはん

f0049129_20591633.jpg












・豆腐のステーキ 山えのきと野菜のせ レモンとしょう油のソース
・粉ふきかぼちゃのナツメグ風味
・いんげんとわかめのみそ汁
・玄米ごはん

豆腐のステーキはごま油の香りも良く、さっぱりソースが良かったです。
牛肉のステーキはなかなか食べられませんが、これで十分満足。
この味付けなら豚肉などでもよさそうです。
山えのきはその名の通り野性的なお味でした。
白いえのきと比べると、山賊VSサラリーマンみたいな感じです。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2006-06-29 21:13 | dinner

6月28日のばんごはん

f0049129_21192252.jpg
f0049129_2120076.jpg













・さばのそぼろと大葉のどんぶり
・五目大豆
・枝豆
・水菜とわかめのみそ汁
デザート
・清閑院の「あじさい」

さばは週末に作っておいたものを冷凍したそうです。
さばを生のまま梳き身にして、しょうがとねぎと炒め、甘辛く調味。
これがごはんと良くあって、とてもさばとは思えないお味でした。
魚の苦手な人でも食べられるのではないでしょうか。
デザートは奥様の実家からのいただきものです。
うーんビューティフル。見事にあじさいです。お味はゆず風味。
着色が気にはなりますが、和菓子の芸術性はすばらしいと思います。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2006-06-28 21:22 | dinner

6月25日のパン

f0049129_20314685.jpg

f0049129_20321712.jpg


・白神こだま酵母のカマンベールチーズパン&プレーンパン

天板いっぱいにこんがり焼けましたー。日曜日に私の両親と妹が来たので、
ランチタイムに合わせてパンを作りました。多めに作りたかったので、例のごとく
寄せ焼きに。いつも通りミルク、バターなど抜きのリーンな生地です。
シンプルな生地の方が国産小麦と酵母の良さが前面に出てくる気がしますね。
しっとりもちもちしていて、引き感のある生地になります。
今日はカマンベールチーズ入りを半分、プレーンを半分にしてみました。
そして、焼き色はいつもより濃いめにしたのでこんがりです。
チーズを真ん中に入れることができず、上の方によってしまいました・・・。
そのせいで、天板の左側のパンの表面がこげ気味。(左側がチーズ入り)
電気オーブンの焼けむらのせいもあるかな?
家族からどんなコメントが飛び出すかと思っていましたが、これが好評だったので、
焼いた甲斐がありました。家族は率直な意見を言ってくれるので、ありがたーい
存在です。それにしても不格好はなかなか改善されませんねぇ。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2006-06-27 20:50 | bread

6月26日のばんごはん

f0049129_21574328.jpg

















・ポトフのグラタン仕立て
・厚揚げと大根のいしる煮
・枝豆
・玄米ごはん

いつものポトフをアレンジしてあります。
一緒に煮込んでいた鶏を引き上げ、オーブントースターでチーズ焼きに。
それをスープにのせて出来上がりです。
いつもとひと味違っておいしゅうございました。
いしる煮はかすかにイカの風味がします。
わたくし枝豆大好きです。いくらでも食べられます。
知り合いの旦那さんはアメリカ生まれ&育ちなのに枝豆大好きで、
ほんとは大宮あたりの生まれなのではと噂されてました。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2006-06-26 21:58 | dinner

6月24日のばんごはん

f0049129_19483336.jpg
f0049129_19485475.jpg















・鶏挽肉のパッタイ
・サラダごぼうのソムタム
・紫花豆甘納豆のココナッツミルク

二人の大好きなタイ料理です。
パッタイは麺にもソースにも作り方が全く書いておらず、奥様は苦戦しておりました。
タイで買ってきたタイ料理の本によると、「麺を15分水で戻し、炒めよ」
と書いてあるのですが、それでは麺がガチガチで食べられません。
野菜の生っぽさがポイントなので、炒める途中でフライパンから野菜を取り出し水を追加。
苦心の末完成したパッタイは、砕いたピーナッツまでのって本場の味でした。
そしてソムタム。日本では青パパイヤがなかなか手に入らないので、サラダごぼうで
作ってみたそうな。うん本物っぽい。すばらしいひらめきです。
デザートは前出の甘納豆をココナッツミルクで味付け。
それが寒天にかかっております。うまーい。
今日はすっかりタイナイトでした。タイナイト、前にもあったような。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2006-06-24 19:52 | dinner

6月24日のひるごはん

f0049129_19344942.jpg

















・カマンベールチーズとハムのマフィン
・スクランブルエッグのマフィン
・豆腐といろいろ野菜のヴィネグレットドレッシング

オレンジジュースまで付いて、まるでカフェのランチのよう。
そんなわけで音楽はボサノバにしてみました。
我が家ではごはんを食べる時にテレビは見ません。
ごはんを食べる部屋からテレビがよく見えません。
朝はラジオを流し、昼・夜はDJ夫が選曲です。
というかクリックひとつでiTunesが勝手に流してくれてます。
便利な世の中です。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2006-06-24 19:38 | dinner

6月23日のばんごはん

f0049129_2147363.jpg

f0049129_2147367.jpg


・豚肉しゅうまい&豆腐しゅうまい
・きゅうりとかぶのごま油風味 ピーナッツトッピング
・小松菜と卵のオイスタースープ
・納豆
・白ごはん

本日のメインは、たくさん作って冷凍しておいたしゅうまいです。
週の終わりでお疲れモードなので、チンするだけの簡単メニュー。
きゅうりとかぶは塩もみをしておき、少量のごま油とピーナッツをトッピングしました。
ナッツ類をトッピングすると、香ばしくなって歯応えも楽しめるから好きです。
ついつい止まらなくなるのが難点かしら。
スープはだし要らずのオイスターソース風味。そのうえ紹興酒といかのいしるを
加えたので、アジアンスープになりました。
下の写真はデザートの紫花豆甘納豆です。私の母からのもらいもので、
正統派な感じのお味でした。しっとりとしたところがワタクシ好みです。
ところで、今日は夫がごはんをお替わりする時、お茶碗に一口残して差し
出してきました。中国では満腹の合図にごはんを一口残す習慣がある(本当かどうか
不明・・・)と聞いたことがあります。
夫は‘今日は中華だからね’と言いながらお茶碗を受け取っていました。
本当に中国ではそうするのかしら?(妻)
[PR]
by southern-sea | 2006-06-23 22:05 | dinner

6月22日のばんごはん

f0049129_21113623.jpg















・まぐろ、なす、ブロッコリーのオリーブオイルソテー
・アボカドと豆乳の冷製ポタージュ
・黒米ごはん

今日はとても綺麗な盛付けです。
特にブロッコリーは茹でてすぐに冷まさないと色が悪くなるそうで、
頑張ってあおいで冷ましたそうです。
まぐろは刺身用なので、外はこんがり、中はレアの絶妙な焼き加減でした。
ポタージュの材料はアボカドと豆乳と塩だけ。シンプルです。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2006-06-22 21:12 | dinner

6月21日のばんごはん

f0049129_20503658.jpg

















・塩竈の野菜天といんげんの炒め物
・かぶのからし酢漬け
・きんぴらごぼう
・納豆
・わかめのみそ汁
・粟ごはん

今日のメニューはシンプルながらバランスがよいのではないでしょうか。
塩竈の野菜天は生協で売っていた冷凍ものです。
塩竈とはどうやら地名の様子。有名なのでしょうか。
鹿児島生まれの奥様は、さつま揚げで育ったせいか練り物が大好きだそうです。
納豆は何だか久しぶりに食べた気がします。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2006-06-21 20:52 | dinner