Books 妻篇

『ガラスの街』 ポール・オースター
『幽霊たち』        同上
『鍵のかかった部屋』    同上
全作品072.gif072.gif072.gif072.gif


ポール・オースターのニューヨーク三部作です。
以前読んだものもありましたが、何しろ記憶力が
悪いので、正直、内容を忘れていました(汗)。

『ガラスの街』は、作家のクインが、探偵宛の
間違い電話を受けたことから、探偵になりすまし
スティルマンという男を偵察するお話。
クインの人生は、ちょっとしたきっかけから、
とんでもない方向に転がっていきます。
クインの内面考察が主ですが、一気に読み進めて
しまいます。読み終えた後は穴から出たような気分。

『幽霊たち』にも探偵が登場します。
ホワイトに依頼され、ブルーはブラックを向いの
アパートから見張ることになる。
ブルーはブラックという人物について空想し、
事件が起こるのではないかと期待する。
物語が終わっても、なぜ、どうしてそうなっちゃったの!?
とモヤモヤした感じ。
まるで幽霊を見ていたみたいです。

『鍵のかかった部屋』は、主人公が友人ファンショー
の遺稿(?)を出版し、ファンショーの軌跡を辿ろうと
するなかで起こったことにまつわる物語。
登場人物にオースター自身の人生が重ねられて
いるようです。
予想もしない思惑にはめられていくところや、
他の作品よりもややソフトな人生の転落がとても好みです。
今まで読んだオースター作品の中では、この
『鍵のかかった部屋』と『偶然の音楽』が好きだな。(妻)
[PR]
by southern-sea | 2008-10-15 21:53 | books


<< 10月12日の映画 200個のモチーフ >>