10月4日の映画

『コレラの時代の愛』

51年9ヶ月と4日フェルミーナ・ダーサを待ち続ける
フロレンティーノ・アリーサ役はハビエル・バルデムです。
彼にはこのような気持ち悪い男の役がよく似合います。
名著を映画化するのは相当の度胸がいることだと思います。
原作の愛好者たちは「どれどれちょいと見せてみろ」と
いった具合にまるで審査官のような目で見てくるでしょう。
私たちも審査してあげましたが、まあなかなかよくできておるわい
と及第点をあげたのでした。(夫)
[PR]
by southern-sea | 2009-10-11 21:26 | cinema


<< 休止のお知らせ 10月3日のばんごはん >>